パンフレットの制作を依頼する際に注意したいこと

  • パンフレットの制作を依頼する際に注意したいこと

    • パンフレットはデザイン会社や印刷会社に依頼するケースが多いですが、依頼する際にはいくつか注意したいポイントがあります。

      1つ目はコンセプトを誰が決めるかはっきりさせることです。
      パンフレットは簡潔で分かりやすいコンセプトが必要です。
      通常、このようなコンセプトは企業側の風土と合わせるか、CMなどすでに出されている他のメディアと同調させる場合が多いのですが、パンフレットは長期で、大量に配布されるものですから独自にコンセプトを決める場合も少なくないようです。
      ただし、決める際にはデザイン側からの提案を受け入れる場合と企業側から指示する場合があります。
      どちらの場合も一長一短がありますが、大量印刷されるものなので責任の所在ははっきりさせておくことが重要です。

      2つ目は制作のコストと時間設定です。


      パンフレットは定型作業でもあるので、コスト計算がし易いのですが、途中で変更が多々起きやすい案件でもあり、スケジュール設定はズレこむことが多いようです。

      利用する期日が決まっている場合には制作スケジュールをしっかり把握しながら作業を行なう必要があります。特に企業側からは提案してもすぐに対応してもらえると思われがちですが、写真の入れ替え程度なら可能な場合が多いですが、文章や構成の変更は時間がかなりかかるので注意が必要です。


      3つ目の制作における注意点は紙質です。

      パンフレットは紙質にもこだわることをオススメします。
      安いからと言って安易に決めてしまうと折り目がよくなかったり、すぐに劣化する場合もあり、会社のイメージを損なう場合も多いからです。

      知って大満足の名簿情報は信頼性が高く、好評です。

      ISO27001の審査関する情報選びといえばこちらのサイトです。

      大阪の会社設立情報の豊富さで有名なサイトです。

      ネット広告代理店の正しい情報を手に入れましょう。

      大阪の不倫調査の最新情報が知りたい方にはこちらです。

      http://smany.jp/7191

      https://4meee.com/articles/view/290503

      https://allabout.co.jp/gm/gc/215451/all/

  • 関連リンク

    • 自社製品の案内や求人の際に配布するパンフレットの制作を目に見えるものだからと街の印刷屋さんに発注するケースは多いと思いますが例えば立ち上げたばかりのベンチャー企業や個人事業主などそもそも発行部数が少ない場合は、ネットで少部数を発注したほうがパンフレットはお得に制作できることをご存知でしたでしょうか?印刷物は少部数だと割高というのは過去の話。今はご自身のパソコンにWordやExcel、PowerPointが入っていればそのまま発注も可能です。...

    • 会社のパンフレットには主に文章と写真が必要です。この中でも文章が特に重要視されています。...